• pagebanner-(1)

TOA130オープンタイプ溶接ヘッド

簡単な説明:

TOA130は、TOAシリーズオープンタイプ溶接ヘッドの1つのモデルです。パイプの外径範囲は38.1mm〜130mmです。オープンタイプの溶接ヘッドは、フィラーワイヤーの有無にかかわらず軌道TIG溶接用のツールとして考案されました。TOAシリーズの溶接ヘッドはAVC / OSC機能を備えており、厚肉(3mm – 16mm)のパイプからパイプ/エルボー/フランジへの溶接でよく使用されます。溶接されるチューブの直径は、38.1mmから130mmまでの範囲をカバーします。

  • 正確で安定した耐久性のある回転。
  • 高い同心ロックでパイプに簡単に固定できます。
  • 電動AVC&OSC機能;
  • 正確なワイヤ送給制御。
  • 厚肉パイプ溶接の溶接スペシャリスト。
  • 液体冷却回路;

製品の詳細

製品タグ

TOAオープン溶接ヘッドは、フィラーワイヤの有無にかかわらず軌道TIG溶接用のツールとして考えられています。溶接されるチューブの直径は、19.05mmから324mm(ANSI 3/4 "から123/4")の範囲をカバーします。オープンタイプの溶接ヘッドには、ガスディフューザー付きのTIGトーチが装備されています。十分なガス保護は、ガスレンズから流出するシールドガスで覆われているトーチの周りのゾーンでのみ達成されます。溶接プロセス中、アークはオペレーターが直接監視および制御できます。

TOAパイプ間溶接ヘッドはキャリパー設計の形式であり、パイプにクランプするのは非常に簡単で、さまざまな直径に合わせて調整するのも簡単です。キャリパーは、溶接時にパイプと溶接ヘッドの間の同心性を確保するためにパイプ表面に面しています。TOA溶接ヘッドは、厚肉のCS、SS、その他の材料に適合するAVCおよびOSC機能を備えており、マルチパスおよびマルチレベルの溶接手順を実現します。TOA溶接ヘッドのワイヤーフィーダーは、ワイヤー送り速度を正確に制御するループ制御設計、ツイストなしのワイヤー送り設計により、溶接後の良好な形状を得るための安定したワイヤー送りを実現します。TOA溶接ヘッドは、融着またはワイヤ送給の下で使用でき、パイプ間およびパイプ間フィッティングで広く使用されています。さらに、液体冷却により、長時間の連続作業が保証されます

技術仕様

電源

iOrbital5000

チューブ外径(mm)

φ38.1–φ130

材料

炭素鋼 / ステンレス鋼

デューティサイクル

300A 65%

タングステン(mm)

Φ3.2標準

ワイヤー(mm)

Φ 1.0

回転速度(rpm)

0.12 – 2.2

OSCストローク(mm)

40

AVCストローク(mm)

40

最大 ワイヤースピード

1800mm /分

冷却

液体

シールドガス

Argon

重量(kg)

10.8 kg

ケーブル長(m)

11

寸法(mm)

435 x 300 x 400

SINGLE3 

A: 300 B:235 C:156-196 D:165 E:132 F:400

プロジェクトケース


  • 前:
  • 次:

  • メッセージを残す

    メッセージを残す